(株)ベイスのブログ

福岡県の不動産業者のブログです。主に競売や売買を取り扱ってます。

我が家はまだ常夜灯

ごきげんよう、ベイスの野田です。

 

 

 

本日犬の日だそうで。

ふと以前一緒に居た愛犬を思い出しました。

正確には毎日思い出しているので、「強く思い出した」でしょうか。

 

 

我が家にミニチュアシュナウザーの女の子がやってきたのは17年前。

おとなしい子で家の中を歩くのも怒られやしないかと、一歩一歩臆病に踏んでいました。

慣れたころでもあんまり走り回らず、抱えられることをよくねだってくる甘えん坊。ソファに一族を皆殺しにされたんじゃないかというくらい激しく爪を研ぐ以外は静かにしていました。

 

あの子が居る毎日は楽しかった。

とにかく撫でられるのが好きだったので、禿げてもええの?と思うくらい手を使わされました。特に鼻筋からおでこを骨に沿って撫でるのがお気に入りだったので、続けているとすぐに瞼の重さに負けていました。あと、お手をしたら撫でてくれると覚えてしまったのか、良く繰り出すようになり、年季が入るにつれてパンチに昇華させてしまって面倒でした。

 

寝るときは不安になるのか真っ暗闇を嫌がりました。そのためいつも橙色の常夜灯をつけて、私の足を枕に寝息をついてました。おかげで寝返りを全くしない体質になりました。あと朝起こす際に顔にパンチするのはやめて頂きたかった。

 

トイレは外でしかしなかったので、1日に3回~4回ほど庭に出すようにしてました。

ささやかな庭ですが、いつも元気に駆け回り、あらゆるところで鼻をならしてました。

 

夏の終わり位にいつものように庭に出して、ぼんやりしていた時のことです。

ふと携帯電話を見ると意外なほど時間が経っていたので、家に戻そうと愛犬を呼びます。

藪の奥から顔をにゅっと出し、目を輝かせながら走ってきます。

彼女は子犬のころに尻尾を切っているので人の親指くらいしかなく、一生懸命振るとピコピコ動きます。

しかしその時はなにかいつもと違うように見えるのです。

どうも茶色いものがついてるような・・・・・

 

こいつ・・・うんこ付けて来やがったなぁ・・・もう・・・・

 

仕方ないなぁと思いつつ頭を撫でて、尻尾のモノをティッシュで取り除こうとすると、そこには一生懸命しがみついているセミの抜け殻でした

さすがだな、うちの子はそんじょそこらとは違う

とポテンシャルの高さに感心したのを覚えています。

 

 

 

 

 

時は過ぎて。

私は一時期、東京のレストランで働いていたことがありました。

休みが月2日ほどの時もあるくらい忙しく、様々な方々のおかげで楽しく過ごさせてもらいました。

そして事情あって福岡に戻ろうと思い、実家へ連絡した際のことです。

 

母から愛犬が痴呆になってしまったことを聞かされます。

 

心配でした。年齢もいってはいましたし、耳はだいぶ前から聞こえずらくなっており、目は段々白んできてはいました。

しかし、生きてさえくれれば、それでいいと思っていました。

バカみたいな話ですが、まさかうちの子が死ぬはずがない、そんなことはまだまだ何年も先のことだ、なんてことさえ思っていたかもしれません。

 

 

 

 

実家へ着き、父母へ挨拶してリビングへ行くと見慣れないケージがありました。

中には愛犬が歩いています。

左回りでずっとケージの中をぐるぐると。壊れた時計のように。止まらず。ずっとぐるぐる回り続けています。

体は痩せ、あばら骨は浮き上がり、足は骨に毛が生えたようでした。毛ツヤも褪せきってしまい、舌を横からだらしなく下ろし、よだれを落としていました。

 

名前を呼びましたが彼女は回り続けます。

こちらを向いてくれません。

 

頭を撫でましたが手を無視して彼女は回り続けます。

こちらを向いてくれません。

 

ぐるぐるぐるぐる。

 

ケージに頭をぶつけようが構わず回り続けます。

 

 

死がそこにありました。

もうながくないのだと、事実が頭を殴りつけてきました。

 

 

しかし私は愛犬が居てくれることがありがたかった。

まだ生きていてくれることに嬉しい気持ちが強かった。

 

ほら、抱きしめると前と同じように落ち着くじゃないか

まだまだ可愛くてしかたないなお前は

前と同じだ

 

そんな言い訳を頭の中にある「死」に対して振りかざし、払い続ける日々が続きました。

 

 

 

 

ある日、家族全員に、兄が安楽死させてやってはどうかと言いました。

 

「獣医さんから処置なしという判断に加え、そういう話もされるほどになってしまった

苦しいならばもう楽にさせてやりたい

俺はもう苦しそうな顔を見たくない」

 

私は

 

「考えないといけないかもしれない」

 

と返答したきり、黙りました。

考えたくありませんでした。思考を停止してしまい、逃げたのです。

 

兄は全員から意見を聞くと、すぐに速足で自室へ戻っていきました。

私が逃げたことについて怒ってしまったのだろうと、その時は思っていました。

 

 

 

それから数日後、愛犬は立つことが出来なくなりました。

 

 

寝たきりになってしまい、目は多量の目ヤニが常時出て、開きません。

鼻は体液が止まらず、呼吸が難しいようで、不規則になり、体が膨らんではしぼんでいました。

 

彼女の出来ることは膨らんではしぼむだけしかありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

目ヤニを濡れ布巾ですべてふき取ります。

鼻回りも拭き終り、頭を撫でます。

 

 

 

苦しいだろう、大丈夫か。

 

そう思いながら、頭を鼻筋からたどるように撫でつづけました。 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると愛犬は私の手を、一回、なめました。

 

 

 

苦しいだろう、大丈夫か。

 

そう聞かれたような、こちらを向いてくれたような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その晩、家族に安楽死を切り出しました。

 

逝かせてやろう

 

と言うと、家族は同意してくれました。

 

私は全員の意見を聞くと速足で自室に戻りました。

叫びだしたくて暴れたくてたまらなかった。

布団の中で体を押さえつけ、呻くにつれて涙が落ちていきました。

 

兄もあの晩はそうだったのかもしれません。

 

 

 

その後、獣医さんと段取りを組み、数日後に処置していただけるようになりました。

 

その晩も愛犬は橙色の常夜灯に私の足を枕にして寝息をついてました。

 

次の日は父母の部屋で。

次の日は兄の部屋で。

次の日は私の部屋で。

 

逝った日は父母の部屋で。

 

 

愛犬が逝ってからもう3年経ちます。

 

 

しかしケージがあったリビングの夜は、まだ橙色の常夜灯です。

妖怪の仕業じゃ

ごきげんよう、ベイスの野田です。

 

 

 

2週間前、オープンハウスを行うので、開催告知チラシを配って回っていたときのことです。

1000部ばら撒いたろ!と、私は意気揚々と自転車で走り回ってました。

 

f:id:basekeibai:20171030191640j:plain

600部超えたころでしたでしょうか、休憩でスーパーに寄った時のことです。

 

お腹が減っていたのでパンと水を買い、さあ自転車に乗ろうと右足を上げると

 

「ビリッ」

 

という不思議な音が。

尻の辺りがスースーします。

 

 

よく見るとズボンの股がパックリ裂けていました。

かまいたちの存在が証明された瞬間でした

非常に驚きました、妖怪ってホントに居るんですねぇ。

 

f:id:basekeibai:20171030191711j:plain

 

それはそうと、このままでは残り400部もあるチラシ配りが完遂できません。

だってパックリだもの。スースーだもの。

恥ずかしさは何故か全くありませんでしたが、バレてしまうとポリス出動、社会的地位が唐竹割されてしまうことは必至です。

f:id:basekeibai:20170329131318j:plain

一度家に戻って、ズボンを履き替えることにし、自転車に跨ります。

 

進み出してふと、道行く人は僕のケツが破れていることを知らないのだという事実を、なぜか反芻するかのように認識しました。

ケツは見えないようにサドルにパイルダーオンしてるわけですから気づくわけがありません。

 

 

その認識が頭にこびりつくと、待っていたのは「スリル」でした。

 

信号を待ってるあの奥さんは僕の尻が破れていることを知りません。

一生懸命、ユニフォームを砂だらけにして白球を追いかけているあの少年も、僕のケツが千客万来状態であることを知りません。

お孫さんに対して慈愛に満ちた微笑を向けつつ頭を撫でているおじいさんも、僕のヒップがロックンロールかましてることを知りません。

 

初めての感覚でした。

「ケツが破れてるのにあなたの横を通り過ぎますが、あなた方はそれでいいんですか」

と一人一人に問い詰めたい気持ちすら湧いてくるのです。

 

f:id:basekeibai:20171030192010j:plain

これがかまいたちに切られたものへの副作用なのかと戦慄しました。

恐ろしい体験でした。二度と味わいたくありません。

 

みなさんもかまいたちに遭わないよう気を付けてください。

 

f:id:basekeibai:20171030192205j:plain

 

さて、非常に血迷ったところで本日の競売物件の紹介です。

 

マンション競売物件投資用物件、グランフォーレ箱崎アネックス805号

f:id:basekeibai:20171027184635j:plain

http://www.fukuoka-base.com/articles/2017/10/24/5370/

売却基準価額505万円

 

箱崎駅徒歩圏内、1K物件です。詳しくは上記リンクを参照お願いします。

こちらもグランフォーレ。地行に続いて今2件目ですね。 ご興味ございましたらぜひ弊社へご連絡を。

 

それではまた次回。

■■■■■■■■■■■■■■■■■
〒810-0074
福岡市中央区大手門2丁目10番17号
株式会社ベイス
TEL092-725-7570 FAX092-751-8789
メール  base@ia7.itkeeper.ne.jp
HP  http://www.fukuoka-base.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■

10月24日競売情報更新日でした。

ごきげんよう、ベイスの野田です。

 

久しぶりの投稿です。

忙しかったわけでもなく、のんべんだらりと資格の勉強をしたり、お客様とキャッキャッキャしてたり、ウィッチャー3をしてたり、第二次ヘルニア対戦が大腰部で開戦したりと、平和でした。

 

f:id:basekeibai:20170718151315j:plain

 

そんな日々のなか、宅建士資格試験も無事通過出来る範囲の点数が取れ、一発で取得できそうで安心してます。

 

 

え?お前持ってなかったのかよ?って?

 

まだ一年目ですよ?32歳の腰と人相が悪いおっさんとはいえ、去年は入社時点ですでに試験が終わってたので、さすがに無理、不可能です。顔や年齢で判断しないでいただきたい。

ちなみに福岡電気ビルでの試験会場で、左前でやたら咳してたヒゲのおっさんが私です。 

 

それはそれとして。

いくら32歳の老け顔のおっさんとはいえ、しっかり試験受けて、しっかり点を取ってきた私を、マダムの膝の上のペルシャ猫のように大事にして頂きたい。

f:id:basekeibai:20171026173804j:plain

世間には、

 

え!嘘!?宅建試験って昨日が締め切り!?ッカァー!受けたかったのになぁー!実力発揮させてくんないんだもんなッァー!

f:id:basekeibai:20171026173339j:plain

という、実力発揮機会を自ら消していくミサワ系不動産社員や、

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オハヨゴジャス・・・・・・・」

と、試験を受けずに翌日会社で気配を消してやり過ごそうとするNINJA系不動産社員など、他社の方からモンスターの噂をよく耳にします。それを鑑みるに私はましな部類だと思ってよいはずです。

f:id:basekeibai:20171026173736j:plainNINJA

 

 

 

 

さて、

 

 

過去問を解いて臨んだところ今年は例年に比べて、難しい、優しいなどはありませんでした。

答え合わせをしてみたところ、普通だったんじゃないかなと思います。ボーダーも34点予想が多いですしね。

動産取引の試験問題で車を引き合いに出してたので「俺らは車屋になりてぇんじゃねえんだよ!不動産屋になりてぇんだよ!」とSNS上で叫んでらっしゃる方も多くみられました。落ち着いてけれ、ただ動産を車にしただけやけん気にせんでけさい。つっても厳密に言えば未登録じゃないと動産じゃないんだけども。

 

私も

登録証明書を「提示」✖⇒「交付」〇

は試験中にイラっとしました。気づけて良かったです。言葉遊びに付き合うのはかったるい。業務もそういった小さな間違いを見逃してはならないという戒めなんでしょう。 

 

 小さな間違い一つが大きな損失になってしまう不動産。事実一つ掘り下げれば、まだ何か事実が眠ってるなんてよくあること。

 

 気を引き締めて業務を行ってまいります。

 

それでは本日の競売物件紹介です。

f:id:basekeibai:20171026174052j:plain

マンション競売物件空港線沿い投資物件、グランフォーレ地行201号

http://www.fukuoka-base.com/articles/2017/10/24/5363/

売却基準価額 5,040,000円

 

福岡明治通り沿い。上記リンクで見て頂くと分かりますが、唐人町駅西新駅に10分以内といった位置にございます。

賃貸需要が見込める土地です。

 

(どーせまたたっかい金額で落ちるんだろうなと予想してます。)

 

しかし人気の空港線エリア。

ご興味ございましたらぜひ弊社へご連絡を。

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■
〒810-0074
福岡市中央区大手門2丁目10番17号
株式会社ベイス
TEL092-725-7570 FAX092-751-8789
メール  base@ia7.itkeeper.ne.jp
HP  http://www.fukuoka-base.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■

8月29日競売情報閲覧日です。

ごきげんよう、ベイスの野田です。

 

 

 

 

今回は質の高さに驚きました。

 

もう無駄なことしとられんです。さっさと紹介に入りましょう。

 

戸建て競売物件博多区板付戸建

http://www.fukuoka-base.co/articles/2017/08/29/5116/

売却基準価額 16,120,000円

1階 63.97㎡ 2階 50.61㎡ 土地157.87㎡

2010年築。

月隈インター近くですので、移動が便利。

近くにはスーパーはもちろん、病院もあり。

バス亭も近くの大通りに出るとすぐなので、博多へのアクセスも楽。

 

 

オススメ一棟もの駅より徒歩約3分!クレフラスト南薫西町

http://www.fukuoka-base.com/articles/2017/08/21/5063/

また会えたね

売却基準価額1341万円

 

全8戸のアパート。西鉄櫛原駅まで徒歩約3分の物件です。

2回目の競売となっており、1回目は4002万円で落札されました。

しかし、取下げられたのか、再度登場となりました。

 

 

ほかにもおすすめ出来る物件が今回はあります。

詳しくは弊社HPをご覧ください。

 

小倉支部競売物件も今回粒ぞろい。これは次回にしましょう。

短いですが、それではまた次回。

■■■■■■■■■■■■■■■■■
〒810-0074
福岡市中央区大手門2丁目10番17号
株式会社ベイス
TEL092-725-7570 FAX092-751-8789
メール  base@ia7.itkeeper.ne.jp
HP  http://www.fukuoka-base.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■

~競売~落札した物件を借りてる人から、改装費用を求められたら(有益費)

ごきげんよう、ベイスの野田です。

 

 

 

イングランドプレミアリーグが開幕しました。

 

多額の放映権料を各チームへ分配し、リーグ全体の底上げを実現。

他リーグとは一線を画す高基準年俸により、世界中から発掘され続けるダイアモンドやルビーたちがピッチ上で感動を演出し、多くのサッカーファンの目を奪い続けています。

 

この季節になると始まるのが、ケーブルチャンネルJスポーツから放送されるサッカーニュース番組「Foot!」。

 

f:id:basekeibai:20170825200958j:plain

月曜から金曜まで毎日放送しています。

 

これを見ながら筋トレするのが日課なので、やっと始まってくれたかとウキウキです。

 

今シーズンは倉敷さんと八塚さん、チェーザレ・ポレンギさんが担当しないのは残念ですが・・・・・・またコアなニュースで腹筋が捗りそうで楽しみです。

続きを読む