(株)ベイスのブログ

福岡県の不動産業者のブログです。主に競売や売買を取り扱ってます。

競売の売却基準価額とはなんぞ?

競売情報を見ていると売却基準価額というのを目にしませんか?目にしなかったらそれは競売情報じゃなく、近くのスーパーのチラシと間違えたと断言できます。

 

 

売却基準価額というのは文字通り売却の基準となる価額です。お待ちください馬鹿にしてる訳じゃないんです、本当にそんなもんなのです。

 

分かりやすく言うと

 

裁判所「こんぐらいでどないでっか?」

 

と言ってる「だけ」の価格が売却基準価額ということです。これを支払ったら買えますというわけではありませんし、入札することができる価格は買受可能価額というもので、売却基準価額より価額は低いラインのことです。(売却基準価格をもとに様々な制限をする場合もありますが、そのケースは改めて。)

 

裁判所は競売物件を評価する際、不動産鑑定士(不動産の建物や土地を査定する専門的な知識に精通した方々、すごい)などの専門家を雇い、評価をくだすよう指示します。指示された人間を評価人と呼びます。

f:id:basekeibai:20170111145051j:plain

 

f:id:basekeibai:20170111145115j:plain評価人近影

 

 

評価人はその土地建物の築年数や状況、破損具合などできる限り確認します。外の道路状況や、スーパー、コンビニ、駅といった周辺施設の充実度なども、もちろん考慮に入れたのち、物件の査定を行います。

査定は競売市場を活性化するためなどの理由で、競売特有の減価評価を付け加えます。

そして評価人が「こんぐらいやろなぁ」と出した額を裁判所も「こんぐらいやろなぁ」と判断して、売却基準価額となります。

f:id:basekeibai:20170111145115j:plainこんぐらいやろなぁ

 

 

 

一般市場に流通している価額の5割ほどの金額になっているケースも多くあります。

 

 

売却基準価額とは「あくまでも評価額であり落札額ではない」とお考え頂くと頭に入りやすいかと思います。

 

もちろん落札できるのは一番高い値を付けた人になるわけですから、売却基準価額通りに行っても厳しいでしょう。

 

そこで私たち不動産業者の出番です。

f:id:basekeibai:20170111154557j:plain

 

私たち不動産業者がデータなどを作り、相場などをお調べすることで、より良くお客様が競売を進めれるようサポートを日々行っております。

 

競売では、市場に比べて安い価格で手に入りやすいこと、滅多にでないエリアから出ることや珍しい造作の建物が出ることなど醍醐味があります。

 

もしご興味ございましたらぜひ弊社に一報をお願いします。

 

TEL092-725-7570 FAX092-751-8789 メール base@ia7.itkeeper.ne.jp

株式会社ベイス

HP http://www.fukuoka-base.com/

更新してる人 野田